Silica's activity record

うつ病で仕事ができず、生活保護を受けている無職の人のブログです。PC版サイトでの閲覧を推奨します。

依存のお話

ひどく抑うつで無気力な日々が続いているが、その原因がすこし分かった気がするのでブログにまとめてみる

 好きなことのお話にも書いたが、わたしはたばことモンスターエナジーに依存している。たばこは毎日吸うしモンスターエナジーもほぼ毎日飲んでいるのが現状だ。

最近ずっと薬(抗うつ薬)を飲んでも無気力で気分が落ち込んでしまうので、薬が合っていないのでは?と思い始めていたが、ふと「モンスターエナジー 抗うつ薬」でGoogle検索してみたところ信じがたい事実を知ってしまった…。

なんと、抗うつ薬とカフェインは相性が悪いそうだ…。

カフェインを摂取すると、脳内神経系で興奮を引き起こす「アドレナリン」が放出されます。カフェインの摂取過多によっては、アドレナリンが出すぎて、不眠症状やイラつきとかの症状が出やすくなります。

うつ病治療で使われるお薬の大半は、このアドレナリンの暴走を抑えるための、セロトニンというホルモン不足を解消するための薬です。つまり、うつ病の人はセロトニンが不足していて、ストレスなどで発生したアドレナリンによる脳の興奮状態を抑えるシステム機能が低下しているわけです。それを治療薬によって、セロトニンの脳内滞留期間を長くして、アドレナリンの処理をしているわけです。そのためカフェインの過剰摂取によって、アドレナリン放出を促す行為は、うつ病治療に相反する行為となります。

抗うつ薬のデパス、パキシルを飲んでる場合、栄養ドリンクは飲... - Yahoo!知恵袋より引用

 

さらにたばこに関しても気になるページが…

喫煙による酵素誘導がその薬効を減弱させる薬剤としては他に、ジアゼパム、リドカイン、ワーファリン、抗うつ薬がありますので、注意を要します。

 薬とタバコの相互作用|大倉山記念病院|看護師募集 より引用

 

ネットの情報を鵜呑みにするわけではないが、かなり信頼性の高い情報だと思う。

 

この情報を見たときわたしは絶望し涙が出るほど悲しくなった…。

わたしの数少ない楽しみである喫煙とモンスターエナジーがまさか薬の効果を弱め、そのせいで毎日無気力なのではないか…?

わたしはその後ひどく病んでしまい、いつもより多く喫煙してしまった…

 

冷静になってからわたしは考えた。

依存を絶たなければならないときがきたのではないか…

いや、それは無理だ。

嗜好品をやめる努力をすればそれがストレスになりまたうつを悪化させてしまうだろう…。

わたしはどうするべきなのか…

 

実は抗うつ薬や精神系のお薬全般に言えるそうだが、アルコールも控えるようになっている。薬の処方箋にも "アルコールを含む飲料水はこの薬の作用を強くしますので、医師の許可が出るまではアルコールを控えてください" と注意書きがある。

アルコールに関しては薬の服用後、1時間程度時間を空ければ飲んでも良いと聞いていたので、たばこやカフェインが入ったモンスターエナジーにも同じことが言えるのではないだろうか(※これはあくまでわたしの憶測です

 

とりあえずわたしは薬の服用後、時間を空けてからたばこを吸ったりモンスターエナジーを飲むようにすることにした。

実際ここ2日ほどそれでやってみているのだが、まだ無気力だし家事や買い物もこなせていない…。

この件に関しては次回精神科へ行った際、先生に確認してみようと思う。

それまでは無理に依存を絶とうとせず、時間を空けてうまく嗜好品と付き合っていこうと思う。

 

とまぁ今回の記事はこの辺で終わろうと思う。

昨日からぬいぐるみと寝てばかりで何もできていなかったが、何かしなきゃと思い立ちブログが書けてよかった…

今回の件で、次回精神科へ行った後また情報があれば記事を書くつもりなのでよかったらまたお付き合いよろしくお願いします(´꒳`)

 


Silica's server

Feel free to join my server, if you are interested.